カードローンを選ぶポイント

カードローンを選ぶ時には、何を重視すれば良いのかを理解しておくと自分に合ったカードローンを選ぶ事が可能です。そこで、カードローンを選ぶ時のポイントについてこれからお話していくので、ぜひ参考にしてくださいね。

金利が低い所を選択する

カードローンを利用する時には、金利が低いカードローンを利用する事が大事です。金利は、%で表示されており返済する時にはこの金利分が上乗せされるので借りた額よりも返済額の方が大きくなりますね。金利が低…

悪い評判の金融業者は避ける

誰でも生きていればお金が無くては生活が成り立ちません。普段遣いのお金であれば普通に仕事をしていれば何とかなるものです。しかし、生活していく中でさまざまなイベント等もあるでしょうし、纏まった出費が必…

収入が少ない場合は審査が甘い消費者金融がお勧め

年収が150万円未満であれば消費者金融の方が審査に通りやすい

どれぐらいの年収があればカードローンの審査に通るのかというのは、年収以外の条件によっても変わってくるので一概にはいえません。たとえば、年収が150万円程度だと世間一般の基準からいうと低所得者ということになりますが、それでも融資をしてくれる貸金業者は存在するでしょう。ただ、年収150万円だと銀行でも消費者金融でも申し込みさえすれば審査に通るというわけにはいきません。ある程度、審査の申込先を絞る必要があります。 とりあえず、銀行のカードローンへの申し込みは厳しい結果を招きやすいでしょう。基本的に銀行は年収が高く、ほかの貸金業者からの借り入れはないというような、貸し倒れのリスクが少ない客を相手にするからです。したがって、できれば申込先は消費者金融に絞るといいでしょう。

大手ではなく知名度があまりないところの方が審査基準は低め

収入が低い人の場合、消費者金融ならどこでも審査に通るというわけにはやはりいきません。消費者金融の中でも審査のハードルが低いところを選ぶ必要があります。 基本的に大手消費者金融の審査基準は銀行のカードローンと比べてそれほど低いとはいえません。なぜかというと、有名な消費者金融への借り入れ希望者数は多いので、消費者金融側が客を選ぶことができるからです。したがって、大手と比べると知名度が劣る消費者金融の中から申込先を見つけるといいでしょう。そういった貸金業者は大手消費者金融と同じ審査基準で申し込みを受けつけると、融資できる客数が少なくなって利益を出せないので、審査基準を低く保っている可能性が高いからです。

カードローンの審査に通りやすくするためには

今ある借金をなるべく返済しておく

緊急時の金策として魅力的な手段となるのがカードローンです。審査を通過し、いつでも借入できる状態にしておけば、お金が必要な時はすぐに引き出せるため、ピンチを乗り切れるでしょう。ただ、カードローンの審…

正社員として働く事

カードローンで借りたお金は使途自由なので、洋服やバッグを購入したり、旅行費に充てたりなど、制限されることは一切ないです。利用するためには、まず審査に申し込む必要があり、無事通過できればATMで現金…

働いている職場の勤務年数が長い

お金が足りずに困っている時でも、人に貸して欲しいとお願いするのは気が進まないですよね。親しい間柄ほどお金の貸し借りを避けた方が良好な関係を続けやすいので、足りない場合は人ではなく、ローンを利用しま…