金利が低い所を選択する

金利は大きく返済に影響する

カードローンを利用する時には、金利が低いカードローンを利用する事が大事です。金利は、%で表示されており返済する時にはこの金利分が上乗せされるので借りた額よりも返済額の方が大きくなりますね。金利が低いほど返済額が少なくなり、逆に金利が高いと返済額が多くなるのでマイナス要素になります。金利は、各カードローンによって違うので、カードローンを比較する時にはしっかりとチェックします。どれだけサービスが良いカードローンでも金利が高いと致命的な欠点になります。

金利が1%違うだけならほとんど変わらないと考えている人もいます。しかし、高額なお金を借りて長期的に返済する場合には、1%違うだけでもかなり返済額が違ってくるので、無視してはいけないという事です。

金利が高いと返済が難しい

カードローンは金利が低いと負担が少なくなるので、少しでも返済額を少なくしたいのであれば重要視する部分です。もし、金利が高いカードローンを利用すると最悪の事態になる可能性があります。それが、毎月きちんと返済しているけど、金利分だけ返済している状況になるという事です。金利が高いと毎月1万円前後返済しても元金がなかなか減らない状況になり、いつまでも返済しなければいけない状態になる危険性があります。これでは、生活に大きく影響してくるので金利を甘く見ない事です。

また、返済の負担が大きくなると自分の収入が少なくなったり、他の出費が多くなれば返済する事が難しくなる可能性もあります。少しでも金利が低いカードローンを利用します。