働いている職場の勤務年数が長い

正社員はカードローンの審査に有利

お金が足りずに困っている時でも、人に貸して欲しいとお願いするのは気が進まないですよね。親しい間柄ほどお金の貸し借りを避けた方が良好な関係を続けやすいので、足りない場合は人ではなく、ローンを利用しましょう。たとえば、カードローンは金利の高い商品ですが、引き出した現金の使い道は限定されません。そのため、お金が足りないピンチを乗り切るには最適なローンとなっています。カードローンで現金を引き出すには、審査に申し込むところから始まります。年収や雇用形態、借金の有無など色々な部分を審査されることになります。通過するうえで効果的な材料となるのは、正社員で勤務していることです。正社員は収入が安定して見込めることから、審査で有利に働きます。

長く働いていることの有利な条件の1つ

カードローンを利用するために審査を受けるのであれば、正社員で働いている以外にも評価されるポイントを知っておきましょう。たとえば、同じ職場で長く働いていることは、今後も継続して収入があると判断されます。これなら、カードローンを利用したとしても返済してくれる可能性が高いことから、審査ではプラス評価となります。3年よりも5年、5年よりも10年というように、勤続年数は長いほど評価される傾向にあります。また、限度額の上限についても、長く働いている方が高い金額で利用できる可能性は高いです。そのため、いずれ転職をするつもりの場合は、勤続年数を無駄にすることがないよう、先にカードローンの審査を受けることをおすすめします。